ファッションパートナー

私たちは、道玄坂共同ビル(通称SHIBUYA 109)の共同オーナーとして、
1階に4区画、地下1階に4区画、計8区画の専用使用区画を所有しています。
自性、創造性、商品力、市場性、そして情熱をもつアパレル・ブランドとパートナーシップを結び、
109カルチャーのフラッグシップともいえる区画を提供し、SHIBUYA の発展と継続に長年にわたって貢献しています。

SHIBUYA109 - 1F1F
SHIBUYA109 - 1F
SHIBUYA109 - B1FB1F
SHIBUYA109 - B1F
  • MITSUMARU INGNI

    「毎日をHAPPYに…」をテーマにSWEETなお気に入りの1枚を、すべての女の子に向けて贈ります。INGNIはファッションを日々楽しめるトレンドMIXアイテムを、枠にとらわれないFreeな発想で展開していきます。

    1階エントラスに入ってすぐ右がINGNIです。多くのブランドがひしめく109の中でも特別なポジションかもしれません。売上げも健闘してます。109全体の現状は、10代の頃にこのビルで買い物をしていた方がお母さんになって娘さんとお二人で買い物に見えるというパターンが目を引きますね。MITSUMARUの長い歴史と強さを感じながら、私たちも毎日頑張っています。

    MITSUMARU INGNI
  • MITSUMARU allamanda

    女性らしいリッチなエレガンスStyleに、程よくトレンド感をMIXしたStyleを提案。鏡の前でニコッと笑えたら一日中、最高の気分ですごせそう。自分をもっと好きになる服「allamanda」。

    1階エントラスに入って左にあるのがallamandaです。昨今はインバウンド誘致で、中国、韓国、ヨーロッパなど海外からのお客様が増えているのも特徴です。様々な変化のある渋谷ですが、お客様の中にはMITSUMARUブランドをご存知の方もいらっしゃって、このブランド目当てに来られる方も多いです。

    MITSUMARU allamanda
  • MITSUMARU RIN

    「和」と「洋」の融合。
    清らかで芯があり、気品が漂う日本らしい美しさの中に、柔軟性を持ち自立して生きる現代女性の輝きを表したブランド。
    清楚で凛とした雰囲気の中に、流行を追うのではなく柔軟に自ら作るオシャレをご提案いたします。

    MITSUMARU RIN
  • MITSUMARU arias

    最先端のデザインとトレンドを取り入れたアクセサリーブランド。500円、800円、1000円の3プライスのお求めやすい価格で、品質よいアクセサリーを展開致します。かわいらしさから贅沢さまで兼ね備えたアクセサリーを着用して、誰よりも輝くあなたへ。

    2017年の11月にこのMITSUMARU GROUPに合流したアリアズは2016年に誕生したまだまだ若いブランドですが、お陰様で徐々に店舗数も増えてきています。ファッションをキーワードに国内外から幅広い年代が訪れるこの場所だからこそアリアズをより高めていくことができると確信しています。

    MITSUMARU arias
  • MITSUMARU ems

    “more fun  more cute”
    いまをもっと楽しく もっと可愛くしたい
    女の子に向けた girly cuteなブランド

    emsexciteにとって、109にあるというのはステータスなんです。高校生から大学生ぐらいを中心に、ファッションの聖地とも言えるこのビルを目的に渋谷に来るコたちが多いわけですから。地方からも、修学旅行なども含めてまとまって来店したりします。それに近年、海外からのお客様がますます増える傾向にあるので、インバウンド施策のそのうえ近年では、海外からのお客様がますます増える傾向にあるので、インバウンド施策の充実を積極的に検討しています。

    MITSUMARU ems
  • MITSUMARU aimerfeel

    すべてはプライベートな時間も大切にしたい女性のために。デザインと着心地にこだわったルームウェアを中心に、aimerfeelが得意とする機能性の高いランジェリーを多数ご用意。きっとお気に入りの一枚がみつかるはず・・・いつ行ってもわくわくする、そんなHAPPYの詰まったショップです。

    このビル自体がファッション感度の高い人々にとってひとつの価値をもっていますので、そういう高い感度の方々に応えていくには、この場所は願ってもない環境だと思います。地下鉄から直接連絡している地下1階のこの位置も人の自然な動線からいってとても有利ですし、昇りのエスカレータ脇というのもとても目につく場所だと考えています。

    MITSUMARU aimerfeel